Cart Login Shopping Guide Contact Site Map
 

Candle+人

・1/Fのゆらぎ

キャンドルの炎の揺れ方には、1/F(エフぶんのいち)という周波数をもっています。

この周波数は人の心拍の間隔と同じことから、私たちはキャンドルの炎を眺めていると落ち着き、心地よさを感じるそうです。

小川のせせらぎや木漏れ日、星の煌めきなどの自然現象にも1/Fのゆらぎがあると言われています。

・色温度

色温度とは、光が持つ色味をk(ケルビン)という単位で表した光源の尺度のことで、数値が高いと冷たく感じ、低いと温かく感じます。

私たちが普段よく使用している蛍光灯やパソコンの色温度は6500k、対してキャンドルの灯りは2000kと低い色温度です。

朝日や夕日とほぼ同じ色温度をもつキャンドルの灯りは、落ち着いて寛ろげる空間を作り出します。

・ライトセラピー

私たちは光によって朝と夜を感じながら一日を過ごし、体内時計を調整しています。

しかし、不規則な生活や夜になっても色温度の高い照明や電化製品に触れることが多い私たちの生活は、感覚が乱れ、精神が休まらない状態になりがちです。

そこで、光を利用して体内リズムを整えようとするライトセラピーが大切になってきます。

一日の終わりは自然の明るさに近い、温かみのあるキャンドルの灯りで、心も体も休めてみませんか?